このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえずLINEスタンプを販売してみたので今の売上と今後の運用

LINEスタンプ第一弾販売中です。

この記事は先日公開した「1日で作るLINEスタンプ」の後編に当たります。もしまだ読んでなければそちらも読んでみるとこの記事がもっと楽しめると思います。

1日で作るLINEスタンプ

ただ販売しただけでは全然売れない

記事公開からはあまり経っていませんがスタンプを公開したのが2月下旬でこの記事を執筆しているのが4月21日と丁度丸2ヶ月ほど経過してます。

6,7個くらい売れました!いえーい!売れたことに驚いています、買ってくれた人ありがたやー。

とにかく初心者クオリティで販売開始ボタンポチーっとしただけではこんなもんということです。「LINEスタンプはもう売れない」と言われるのもわかる気がします、元を知らないのでなんとも言えませんが現状だと出しただけでは小遣いにもならん模様です。

悲観するのはまだ早い、むしろ初心者がぱっと出して数個売れたことに可能性を感じます、もう少しLINEスタンプについて考えてみましょう。

発売開始日数日で上記を売り上げて、後の2ヶ月は売上無しです。要は「クリエイターズスタンプ」の「新着クリエイターズスタンプ」の奥底に並んでいたところから少し流入があったものと思われます。

当日リリースされたスタンプはとても多くその日だけでぱっとみ数十はリリースされているっぽかったです。

もしそこで売上をあげることが人気クリエイターズスタンプのエリアに掲載されてさらに流入が見込めると思います、知らんけど。

単にリリースしただけでは埋もれて終わりというわけです。とかく流入経路が少ないです。新着から外された後は

  • 友達が使ってるのを見て購入
  • ストア内でキーワード検索
  • カテゴリから流入
  • クリエイターズスタンプをまとめてる他サイト・記事から流入

が主な流入経路になりそうです。しかし下3つはあまり現実的ではありません。

猫カテゴリは2017年4月21日の時点で3万強、大体のユーザーは1,2ページ目を見て終わりでしょう。

検索流入は「猫 眼帯」と検索しない限りなかなか見つけられないと思います、こちらは既にスタンプの存在を知っている人向けで新規の適当に見てたらいい感じのスタンプ見つけたから買おう、って層は少なそうです。単純に猫系が欲しい、名前入りのスタンプが欲しいって層もいると思いますがその場合売上が少ないスタンプまでたどり着くのが難しそうです。

このあたりは題材が猫なので競合が多いってことでもあります、例えばストア内の「マンドリル」の検索結果は16件なので検索さえしてもらえれば割りと辿り着けそうです。マンドリルの1日の検索ボリュームが少なそうなのでなんともいえません。

Googleで検索するといくつかスタンプまとめサイトやまとめ記事が出てきますがそこからの流入数が計測できないのでなんともいえません。LINEストアより多少新規に優しい画面設計ですが確認しようがないので未知数ということで。

というわけで王道は友人が作っているのを見て認知、購入ではないでしょうか。売れれば売れるほど目につくので波に乗れればいい感じに増えていきそうです。

はい、軽くまとめましたが1ヶ月以上売上が無い状態が続いているのでこのまま放っておいても数少ないユーザーが送信したスタンプを見て友達が買うのを指を咥えて待っていることになりそうです。

作ったからには売りたいものです、頑張ってみましょう。

目につくところに発信しよう

流入経路が少ないことが一つの問題です。めっちゃ美味しくても道順が書いてないレストランにはなかなかたどり着けません。まあまだ美味しくないんですけどね。

上記以外にどこか目につく所に「スタンプ作ったよ!!買ってくれ!!」と発信する必要があります。色々ありますがお手軽なのはTwitterでしょう、早速数日前から始めてみました。

良かったらフォローお願いします!

とはいえ本当に「作った!!買ってくれ!!」といっても仕方ありません。ダサいです。こちらも0からのスタートなので、まずは地道にファンを増やすところから始めましょう。

折角テキスト以外に使える素材があるので画像つきで1日2,3ツイートしています。始めたばかりなのでまだ手応えは皆無ですがしばらくこのやり方で運用してみます。

スタンプの質を上げよう

あえて雑に描いたりユニークな絵柄やシュールな表現でがっちりユーザーの心を掴む人もいますがそもそも普通のイラストもかけんのに何言っとんじゃという感じなのでスタンプのクオリティを上げましょう。

なんか描いてるうちにすこーしずつ上手くなってる気がするのでまずは数を描いています。

気負い過ぎても続かないので、というか根が面倒くさがりなので「よっしゃ今日は練習!」みたいなことが出来ません。3月末くらいから「1日3つスタンプを描く」というのを始めてみました。

大体1個平均10分くらいで描いているので1日30分位で終わります、調子が良ければそのまま描き続けますが基本はそれで終わり。もし6個描いても次の日はまた3つ描く、というのを繰り返しています。

これの良いところは大体15日に1個LINEスタンプ(40個セット)が出来るところです。順当に行けば月に2個のペースでリリースできます。

1個10分×40個で400分、仕上げ・チェックに2時間でスタンプ1個リリースするのに使うのは9時間くらいです、こう考えるとなんか出来そうじゃないですか?

イラストも上達するしスタンプもリリース出来るで一石二鳥です。

継続は力なり。

色々書きましたが現状をまとめるとスタンプ市場は飽和しています、新規参入で売れるのは画力かアイデアがないと難しいかなーと思います。

ネットで書かれているように一攫千金の時代はとうの昔に終わっていると思います。ふつーに作って販売のみではもう売れないようです、残念。

ただそこで諦める人が多いのも事実だと思います、コツコツ続けて数ヶ月〜1年くらいで徐々に売れていくかもしれません。基本的には始めるのに遅すぎることはないと思います。

なので今回も長い目で見て「折角1個作ってみたんだし、とりあえず続けてみようかな」という感じです。途中で飽きたら急に辞めるかもしれませんが、しばらくは地道にやってみるスタンスで行こうと思います。

結構面白い

あー、今日何個売れたーとか、このスタンプ案外使われてるなーとかわかるのはゲーム感覚で面白いです。じゃあ次はこういうの描いてみようとか。

結果として数字が全て、コレしたけど結果売れなかったとか売れたとか結構モチベーションになります。

これからもちょいちょい報告したりスタンプ描いたりできればなと思いますので何卒よろしくお願いします。

最後にスタンプのリンクを貼っておくのでもし興味があれば見てみてください。買ってくれるとめっちゃ喜びます。ちなみに順当にいくと来週くらいに「2」が発売されるので買うなら質的にそっちのほうがいいと思います、よろしくお願いします。

https://store.line.me/stickershop/author/126646

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です